東西の食べ物には地域の違いがあります

よく言われることですが、関西と関東では食べ物の味付けに地域の違いがあります。
長年関東に住んだ後に関西に転勤になって実際に驚いたのは、やはり味付けの違いでしょうか。
関東は濃い味付け、関西は薄い味付けということはよく知られています。
見た目は確かにその通り、関東の食べ物のほうが見た目の色は濃いです。
これは出汁を取ってから味付けまでに地域の違いがあるためで、関東は鰹節を主体に出汁を取ってから醤油で味を調えます。
関西は鰹節や昆布でしっかりとした出汁を取り醤油などの味付けは補助的に行うためで、醤油の量などで見た目に差が出るようです。
関西の人に言わせるとうどんやおでんなど「東京の汁は真っ黒で食べる気がしない」となりますが、関東の人が関西の食べ物を食べても「薄くて物足りない」とはなりません。
それぞれ地域の違いによって味付け方法は異なりますが、いずれもそれぞれの場所で受け継がれたおいしく食べる方法です。
見た目に惑わされず、味付けのやり方について違いを理解したうえでおいしくいただきたいものです。